Site Overlay

正しい治療で悩みを解消!注目される婦人科形成


女性医師を選ぶこともできる

最近では、美容整形に抵抗を持たない人が増えており、多くの人が治療で外見の悩みを解消しています。女性の場合は、普段は見えていない女性器の形や大きさで悩みを持つ人も多く、婦人科形成で悩みを解消している人もいます。婦人科形成では様々な治療が提供されていますが、小陰唇縮小も多くの人に選ばれている治療です。小陰唇が肥大すると、見た目が悪くなるだけではなく恥垢がたまりやすくなる、下着にすれるなどの悩みも出てきます。そこで、余計な部分を切除してきれいに縫い縮める治療で悩みを解消していきます。こうした治療は、日帰りで行うことができますが、下半身の悩みということもあり男性医師には抵抗があるという人もいます。最近は、女性医師が活躍する病院やクリニックも増えていますので、より気軽に相談したい人は女性医師を指名することも考えてみましょう。

吸収糸を選ぶこともできる

小陰唇縮小術が本当に必要な症例かどうかは、診察で判断されることになります。本人の思い過ごしである場合は、特に治療を必要としませんが、下着からはみ出す、自転車に乗るときに痛いなどの症状がある場合は治療がふさわしいといえるでしょう。具体的な治療では余計な部分を切除し、丁寧に縫合していきます。小陰唇縮小術を選ぶメリットでは、きれいに形が整うことはもちろん、左右差をなくすことができる、黒ずみ部分を取り除けるなどがあげられます。縫合したあとは抜糸が必要になりますが、吸収糸を選ぶことで抜糸の必要もなくなります。縫合はどのような糸にしたいのかも、医師にきちんと伝えておきましょう。

小陰唇縮小では、肥大していたり色素沈着した部分の切除を行います。施術をすることで、小陰唇の見た目を綺麗にできます。麻酔をしてから施術をするため、痛みを感じることはありません。