Site Overlay

元に戻せる?膣縮小の方法と体に起こる影響の有無


膣縮小に効果的な外科手術の流れ

女性の中には出産の影響で膣が通常よりも肥大化してしまう人もいます。こうした悩みを解決してくれるのが手術です。大きくなってしまった膣はトレーニングなどで元に戻すこともできますが、必ずしも期待できる効果が得られるとは限りません。手術であれば高い確率で希望する大きさに縮小することができます。手術というと大掛かりな物をイメージされがちですが、膣縮小の手術は糸による縫合で行うので比較的短時間で終わるのが特徴です。やり方は膣の粘膜と筋肉の一部をメスで切開し、ヒダを作りながら膣内の広さを縮めていく形になります。

手術による体への影響

膣縮小の手術は最新の技術で行われるのでリスクが少なく安心して受けることができます。ただし、筋肉を糸で縫合するため術後1週間程度は患部に痛みを感じることもあるので注意が必要です。この痛みに関しては、クリニックなどで処方される痛み止めを服用することで抑えることはできます。そのほか、稀に出血などが起こるケースもありますが、こちらもガードルなどで圧迫することで対応することが可能です。

信頼できるクリニックの選び方

需要の増加に伴って膣縮小の手術が受けられるクリニックの数は増えています。とはいえ、クリニックによって技術力や料金、アフターケアなど細かい点に違いがあるのでしっかりと見極めることが大切です。安心して任せられるかはインターネットのホームページで実際に利用した人の口コミなどで確かめることができます。料金だけでなく実績の豊富さや経営の長さで決めることが重要となります。

膣縮小をすることによって、膣の緩みが改善され、尿漏れやお湯漏れなどの日頃の悩みが改善されるのがメリットです。