Site Overlay

好みによって自由に選べる!豊胸手術の方法


シリコンバッグを使用した豊胸手術

豊胸手術にはさまざまな方法があります。豊胸手術の中でも昔から広くおこなわれてきたのが、シリコンバッグを使用する方法です。使用するシリコンバッグによって、胸の大きさを自由に変えることができるのがこの方法のメリットです。カップのサイズを二回りほど大きくさせることもできます。手術をした後の効果が長続きしやすいことも、この方法の特徴です。技術が昔よりも進化していることも、この方法による豊胸のメリットです。安全性をより重視して製造されているシリコンバッグも増えています。施術を受ける人の体型に関係なく好きなシリコンバッグを入れることができることも、この方法の特徴です。やせ型の人でも豊胸をしやすい手術です。

脂肪を使用した豊胸手術

豊胸手術の中でも、より自然な手触りのバストを実現できることで人気があるのが、脂肪を利用した手術です。シリコンバッグのかわりに脂肪を注入するのがこの方法の特徴で、シリコンよりも自然な素材であるので、体に負担がかかりにくいのも特徴です。胸に注入するのは自分の体からとった脂肪なので、副作用やアレルギーが気になる人も安心して施術を受けられます。脂肪なので、外見が本物のバストと見分けがつかないことも人気のある理由です。シリコンバッグを使用した豊胸手術の場合には、レントゲン写真を撮影したときにシリコンバッグが写ってしまうこともありますが、脂肪ならばそうした心配もないので、人に知られずに豊胸ができるメリットもあります。

豊胸手術は乳腺や乳管に触れるようなことはないため、母乳の成分などに影響を与えることはありません。そのため、手術後でも授乳は特に問題なく行うことが可能です。